大人にきびの予防方法

大人にきびの予防方法

成人してからできる大人にきびに悩まされる方は、非常に多くいます。

いったんできると重症化するケースが多いので、治療に時間がかかるのが特徴です。



このような大人にきびができてしまう主な原因は、皮膚の古い角質が蓄積してしまうことです。



肌が健康な場合、通常約28日でターンオーバーが行われます。


しかし、年齢を重ねると、仕事のストレスやメイクなどの刺激で肌の代謝が鈍くなります。


ターンオーバーに時間がかかると、皮膚の古い角質がスムーズに排出されにくくなります。

その結果、角質が肌表面に蓄積して毛穴を塞ぐことでアクネ菌が繁殖していきます。
その結果、にきびができやすい環境となるのです。

上記のような大人にきびを予防するには、まず自分の生活習慣を見直してストレスをためないことが大事です。
たとえば、仕事をしすぎていると感じたら、スポーツやヨガなどでストレスを発散することが大事です。

その他にも、アクネ菌が繁殖しないように肌を清潔に保つことも予防では大事です。
そのためには、毎日朝と夜の2回、きちんと洗顔をする必要が有ります。洗う時のポイントは、洗顔料を良く泡立てて肌にのせるようにして洗うことです。
その後、ぬるま湯くらいの温度ですすぎます。

洗顔後もきちんと肌の手入れをすることで予防効果が高まります。

まず保湿性の高い化粧水をたっぷりとつけてから、クリームで蓋をします。

上記の方法をきちんと行えば、にきびになることはないです。