にきび予防の時に使える化粧水

にきび予防の時に使える化粧水

肌が乾燥することでにきびができてしまうこともあります。
にきびの原因は一般的には皮脂の過剰分泌が原因と言われているので、乾燥肌の人にはあまりピンとこないかもしれません。



しかし、肌が乾燥してしまうと、皮膚が外部からの刺激をバリアしようとして皮脂をたくさん出すようになります。

すると毛穴の中で角栓ができて皮脂詰まりを起こしてしまいます。つまり、にきびの予防には乾燥肌対策も必要ということです。
予防に適した化粧水としては、保湿効果がある、皮脂を拭き取ることができる、の2点を満たしていると良いです。

皮脂が多すぎる状態で保湿をしてもあまり効果はありません。保湿効果が高いのは、ビタミンB群が配合された化粧水です。



ビタミンB群の中でにきび予防に役立つのは、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸(ビタミンB5)の3つです。

今探すならこちらのYoutube情報はこのサイトにおまかせ下さい。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常にしたり、皮脂の過剰分泌を防いでくれる作用があります。

化粧水をつける前には、必ず綺麗に洗顔するようにします。


まず毛穴の奥の汚れを取ってから、成分を浸透させることが大切です。

洗顔の基本は、こすらないことです。
こすってしまうと肌がバリアを張って、角質が硬くなったり、皮脂をさらに多く出してしまう原因になります。

化粧水の目的は保湿がメインですが、にきびを予防する効果のあるビタミンB群が配合されていると、乾燥肌を防ぎながら対策していくことが出来ます。

肌トラブル全般の予防にもなります。